繊細ラボ

HSPとはギフト

HSP関連あれこれ・・

MENU

【残りエネルギー1でも作れる美味しい一人ご飯】

自炊は最小エネルギーでやる

私は面倒くさがりで家事が苦手です。

掃除なんて大の苦手です。

でも、食べることは好きなので料理は意外と楽しんでやります。

楽しんでやるのですが、面倒くさがりの性格がここでも出てしまい、一度作ってみてどんなに美味しくても、工程が多すぎたり下処理があったり複雑で手のこんだ料理だった場合は二度と作らなくなってしまいます。

理由は他にもありますが、HSP由来の疲れやすさがあるので、1日が終わったあとの自炊に費やすエネルギーが私はそんなに残っていません、本当に。

けれど外食やコンビニばかりでは栄養面も心配だしお金もかかる。

残された最小限のエネルギーで、超簡単で美味しい節約料理が自分で作れたら、私にとってそれが一番なのです。

私が思うご馳走とは、時間や手間のかかるものではなく、今一番食べたいものが簡単に美味しく自分で作れることです。

お店の料理は当然すごくおいしいのですが、手のこんだ絶品料理はプロの料理人に任せておいて、自炊の範囲の味は「うん、イケる!」程度でOKです(バカ舌?)

まずくなければ成功(笑)

それよりも最小限のエネルギーで簡単に作れることが最重要事項なので。

 

第一回目はオムライス。

たまに無性に食べたくなりますよね。

お子ちゃまと言われても、だって好きなんだもん♡

ぜひ、休日のランチや疲れた日の晩ご飯にちゃちゃっと作ってみてください。

 

f:id:change-oneself:20200420104629j:plain

超簡単オムライス

(1人分) 調理時間10分

◎ケチャップ・・大さじ3

◎酒・・大さじ1

◎酢・・小さじ1

◎醤油・・小さじ1/2

◎砂糖・・小さじ1/2

玉ねぎ・・1/4個 5mm幅程度のくし切り

ウインナー・・2本ほど

温かいご飯・・お茶碗1杯

バター・・5g

卵・・2個

塩コショウ・・少々

 

①◎の調味料を耐熱容器に入れてレンジで少し温める

②フライパンに油を少しひいてウインナーと玉ねぎを炒める

③玉ねぎが透明になれば◎を投入、塩コショウして、ご飯も投入

④別のフライパンにバターを溶かし、溶き卵2個を流して広げ、溶き卵がところどころぷくぷく膨らんできたら、半面にケチャップライスをのせて包み、お皿ににひっくりかえして完成。

 

 はい、めっちゃ簡単!! 

写真のように、ふわふわスクランブルエッグを乗せるだけでもいいです。私は包むことが多いですが。

最初は料理本などを参考にして作ったりチーズを混ぜたり、コンソメ入れたりCOOKPADのレシピを真似したり色々作ってみましたが、最終的には最も簡単で美味しいこの味に落ち着きました。

鶏の胸肉だともっと美味しく本格的になるのでしょうけど、鶏を扱うと使用後のまな板や包丁の消毒が私にとっては面倒なので(笑)自分が食べる分には毎回ウインナーで十分です。

調味料は常備品として換算しなければ、一食あたり120円ほどのコストで作れて、美味しくお腹いっぱいになります。

お給料日前の節約レシピにぜひいかがですか?

Copyright ©繊細らぼ All rights reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ